準レギュラー


ほっしゃん。

番組レギュラー宮川大輔の元相方。独特のしゃべり・切り口ですべらない話を量産。
芸名の「ほっしゃん」は、ナインティナイン矢部に提案され、「。」はつんくが命名。

第3回R-1ぐらんぷりで優勝。
基本的には、必要以上に体を張った芸で笑いを取るが、しゃべりもレベルが高い。
料理が得意と言う意外な一面も持つ。


河本準一(次長課長)

オカンや姉など、身内ネタを暴露し笑いを取る。
『姉がレズ』『犬のタロ吉』は有名な話。

「アリを食うオランウータン」
「水木しげるの漫画に出てくるサラリーマン」
「罠に引っかかったイノシシ」

など、マニアックで細かい芸が特徴的。

高校時代は国体の岡山県選抜メンバーに選ばれる等、意外とスポーツ万能。
Jリーガーになるのが夢だったがオファーは無かった。
恋愛対象は、19〜57歳と幅広い。

ケンドーコバヤシ

愛称ケンコバ。大のプロレス好きで、2度のコンビ解消を経てピン芸人になり、飛躍。
普段は、作り話や下ネタ、プロレス、ガンダムについてのトークが多いが、番組内ではそれらは少ない。

松本はラジオ番組で「今、実力ある若手は?」と言う質問に
ケンコバの名を上げ「あいつはやりよる。達者や」と評していた。

初めての全国ネット番組出演は、警視庁24時で
酔って悪ふざけで騒いでいた際、警官に注意された場面が
「街で暴れる若者達」という形で、モザイクをかけられたいた。



~サイトTOPに戻る



人志松本のすべらない話
= ファンサイト =